正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.90

そのうちツブれると思いつつ、「ツブれるまで」ももうすぐ100記事ですから案外粘ってます。

最近のパチ具合:

2/18:
前日のバカ台、締まるだろうがまだイケると判断したのが失敗。めげずに移動してパチスロに活路を求むも、エヴァンゲリオンの(多分)高設定に座れるまでに時間を費やし過ぎました。負け。

2/19・2/22
ごくごく普通に海物語。納得レベルの調整でした。ほどほどに当たって2日とも負けずに済みました。

2/23:
消極的理由で朝からパチスロ。イベント対象機種の中で台数が4台しかないという理由で座ったのがうる星やつら2でした。楽に出てくれました。4か5だったのではと思いますけど、別に1でもいいです。出たんで。

2/24:
ハネモノのもっとレレレ~をやりました。序盤絶好調でした。ところが、今まで何度も経験している「ハネモノが途中でへたってくる」という現象。極端な良調整でない場合にしか発生しませんから、多分「へたった」というより「馬脚を現した」というのが本当のところなんでしょう。ちょっと違う話ですけど、今はもうない磁石のヤクモノの機種だと、突然くっつかなくなるという謎の現象がありました。アレはなんだったんでしょうか。

2/25:
デジパチじゃない日3日目。デジパチは最強レベルに退屈なんで気分的に悪くはないです。ニューパルサースリーというパチスロをやりました。けっこう儲かりました。これも先の「うる星」と同じ発想で設置が3台しかなかったから、それを端から打っていっただけです。真ん中の台が良く当たったんで最後まで。まあ、実際使える方法って案外こんなカッコ悪い感じの事も多いんです。


ここ最近デジパチ以外で遊ぶ事が多くて、ゲームとしてのパチっていう感じをけっこう味わいました。ハネモノやボーナスだけタイプのスロットをやっていると、そう言えばパチって多少なりとも楽しい部分があるんだよなあと思い出します。(いや、デジパチも楽しいですよ、確変中だけは)


今回は最後に、割と楽しんだココ数日の間にボケーっと思った事を列挙してみます。全く何の含蓄も教訓もありません。
・沖縄海物語2のハイビスカスは光が強すぎて、絶対に体に有害。
・沖縄海物語2は、地中海を挟んで久々の普通の海物語に近い感じで好感を持てます。長寿機種として頑張って欲しいものです。
・フと気付けば、「慶次」みたいな機種はやや衰退してきました。お客さんの財布が持たなかったんでしょうか。
・ハネモノの「ナイた瞬間高ラウンド示唆」という演出は不要。空振りで萎えるし、演出ナシもまた萎える。
・どんなに演出が良くできたパチスロも、設定低いとひとっつも面白くない事になる。
・パチスロの小役との重複当選って、そこまで必要かなあ。大抵の機種で「メインのアツい小役」から当たる期待度はせいぜい10%~20%くらい。どうやってもバランスが悪くなる。だったら潔くリーチ目で勝負して欲しいものです。
・ニューパルサーにすら小役重複があるこんなご時勢。ごく当たり前に初代通りのルールにすればいいのに。
・「ダイバーズ」「アポロン」「ポコリン」あたりを昔とほぼ同じ感じでリメイクして欲しいな。ポコリンはマニアック過ぎるか。
・パチスロの話ばかりですけど、CT機はもう作っちゃいけない規定になったんだろうか。「アステカ」は最高だったなあ。CT中にさしし止まってCTのBGMがスっと消える瞬間といったらもう。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事
スポンサーサイト

| パチ生活者がツブれるまで | 23:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.89

月・火・水とヨミがズバズバ当たって実にうまくいきました。

月曜日:等価店にイケる台が出てくる、ダメでも押さえの店が近隣→等価店で優良台確保
火曜日:前日同様→押さえの店でハネモノの優良台確保
水曜日:先週から眼を光らせていた競争率の低そうなリニューアル狙い→バカ台確保

と、こう書くと「ウマい!」と思ってしまいがちです。ただいつも書いているように巡り合わせの歯車がうまい事噛み合う、あるいは噛み合わないという部分にも運の要素があります。その辺も期待値化して考えるのが正解だと思っていますけど、そうそう簡単な事ではありません。この3日間にしても全部が全部裏目に出てしまえば、全く同じフォームで臨んでもテンでダメだった…となっていたわけですから。

その精度を高めるのが技術なんだと思います。パチンコで儲けようと思ったら「玉を出す」という事なんですけど、遡って考えると「玉を出す」→「玉が出て然るべき台に座る」→「然るべき台のある店へ行く」となります。無駄玉を打たないとか、釘から優良台を推測するとか、期待値計算をするとか、その辺の事は儲けようと思ったら当たり前の前提みたいなものですから、イチにもニにも何よりも店選びが100のうち100です。

その店選びも、パチンコ生活者の場合「イケると踏んだ店がダメだったから残念」もタマには仕方ないですけど、あまり続くようだと仕方ないでは済みません。それをどうにかするためには、期待値の高い行動をとる必要があると感じています。例えば、時々抜群に良い台を置く店があるとした場合その「時々」の頻度があまりに低く、しかもその店がダメだったらその後アブれてしまうような立地条件だ…なんて場合はたとえスゴい台を置く事があっても均すと大して儲かるとは言えません。逆に、「安い台しかないけど大抵ある」とか「ソコソコの店が近くに密集している」なんていう店は均すと案外悪くないなんて状況も多々あります。

その辺のバランスを取る事こそが高度な技術なんではないかと思っています。先述の「安いけど大抵ある」なんて店でも根気良く粘っていれば適当には儲かるでしょうけど、それだけで安心して食いつないでいけるほど甘いもんじゃありません。毎日すごい優良台に座れれば何よりですけどそれは無理にしても、超優良台を打って1日で1日分を超えて一気に稼げる日が時々はないようだと少々苦しいです。それは、苦しい台で辛抱する時期は避けられませんが平均値で納得レベルを目指すためです。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事

| パチ生活者がツブれるまで | 23:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。