正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

行くパチンコ店を選ぶ

パチンコは誰でも、どの店だろうが自由に行く、又は行かないという選択ができます。今日はそんなお話です。

パチ生活者でも、昔と違ってひとつの店に通いつめて儲けるというジグマスタイルをとっている人は現在ではあんまりいないと思います。結局方々の店からその日ベストだと思える店を都度選択して行くワケです。その店選択の精度が低いと、どんなにパチンコの実践における理屈や技術が高くても結局儲かりませんから、この店選択の技術(?)は儲けを志向するパチンコにおいて超重要だと思います。ある意味現代のパチンコにおける永遠のテーマって感じでしょうか。

精度を上げるためには根拠の質と量を高める事だと思います。それについての僕なりのやり方に少し触れていこうと思います。ただ、あくまで僕の技術、僕の環境において僕がとっている方法というだけで、普遍的なものではありません。各人にとっての正解は各人毎にあると思います。


まずは、昔と違ってジグマが通用しない現代パチンコ事情ですけどその代わりに(?)メール配信サービスがあります。大半の店に無料登録できるメール会員精度があります。これによってイベント開催日を知ることができます。これだけでOKというシロモノではとてもじゃないけどありませんけど、ハッキリ言って活用しています。ただ、メールを見て良さげだから行くみたいな漠然としたやり方では当然通用しません。結局、各店のメール内容を見た上で、実際に店に行って調べてみないと無意味です。そうやって色々な店のメール内容と実際のところというのを確認する作業はなかなか大変です。ただ、うまくいけば財産になると思います。

例えば、時々記事の最後のパチ結果のところに出てくる40玉交換店ですけど、普段はまるっきりダメな店です。40玉交換なのに33玉や30玉の店と変わらない、又はもっと悪い調整です。ただ、何故か月に5~6回だけある不定期のハネデジのイベントの日だけは25000~30000円級の台が登場してしまうんです。そんなの、メールと偵察のツープラトンじゃなきゃ絶対気がつきません。


ちなみに余談ですけど、パチンコ店のイベントの90%はパチ生活者にとって意味ないです。例えば「海イベント」だったら全体的に海物語が甘めにはなってるのかもしれませんけど、それが足りるかどうかは別です。アキになる台数が少なくても突出した台があり、それに座れればOKですし。それからスロット店に多いんですけど、「ジャグラー1/3がハイモード」とかそういうのも良く見ますけど、その1/3を絞るヒントが皆無だとこれまた無意味です。それからジャグラーの場合は設定6じゃないと無意味ですから、「ハイモード」の意味合いも・・・。設定1~2以外を「ハイモード」と平気で呼ぶ店もありますからね(笑)。


話題を戻して、メールで告知されるイベントチェック以外にも、店のスケジュールをつかむ事が財産になる場合も多いです。例えばある店はある曜日に釘が動いて、後は出た台や多く回された台をシメて行き、アキ返しがあるとすれば何曜日だ・・・とかそんなスケジュールです。明確なパターンがある店もありますから、行く店の選択というより、ダメだった日の次の日に行く店の選択肢からハズせるという感じの意味合いですね。ただ、スケジュールが変化する場合もありますから結局面倒でも偵察する事になるんですけどね。

他には、偵察に廻った結果運良く打てそうな台を見つけて翌日に据え置きを狙うとか、変則的なところでは今日良くて明日締まるだろう・・・ただしそれでもまだアブれた場合の保険としては足りる程度は回る事を予想できるから翌日もその店・・・とか、ホントに細かいですけどアホヅラ下げつつも色々考えているワケですよ(笑)。


正解が何であるかは正直わからないんで結局自分なりにベストを尽くすという事なんですけど、無意識に心掛ける部分はアブれて打てないという最悪を避けよう避けようという行動になってますね。30000円とか35000円とか、そういうすごい台に座れた時はカタルシス感もありますし、実際かなり負けにくいですから気持ちいいんですけど、そういう超優秀台に毎日座るというのは僕の技術と環境では無理です。

ですから僕の場合は結局、超高い台は無理なく探せる範囲で、通常はソコソコの台をアブレずに打って打つ時間をできるだけ長くするという感じで動いてます。ロマンを求めてカッコよく勝てれば最高ですけど、カッコ悪くてもスマートでない泥臭いやり方でもとにかくいっぱい打つ、今できるベストはそれだという判断です。カッコよりもお金が欲しいです(笑)。



1/30のパチ:
6枚交換店で熊酒場、どうも設定5っぽかったので少し儲かってるうちにオリました。14500円の浮きでした。据え置き狙いは甘かったです。一応少し儲かったんでいいですけど。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事
スポンサーサイト

| コラム | 00:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

当たる時は当たる、逆もまたしかり

儲けを志向したパチンコの正しいやり方には実に様々なアプローチがありますけど、結局全ての事は期待収支を稼ぐという事になります。今回はこの期待収支の実践的な取り扱い・・・とでも言うんでしょうか、そんなお話です。

まずは実践的な意味での期待収支というものを定義するところから始めてみます。期待収支というのは言い換えればその台が持っている能力とでもいいますか、要するに釘調整が終わった瞬間に決定するわけです。そして、打ち手のフォーム(遊戯時間、持ち玉状況による続行・ヤメのタイミングなど)を条件に加えて、その上で全ての展開が平均値に収まった場合と仮定して算出されます。

補足しておきますけど、(個人的にはあまりシックリいく言葉ではありませんけど)パチンコ指南サイトなどでよく使われる「仕事量」というものとは似て非なるものです。例えばその台の能力であれば10時間打ち、現金投資は7時間までというフォームだったとすると、実践のところで残念ながら7時間で持ち玉無くヤメとなったといったような場合では、数値的にけっこうな差が出てきたりもしますからね。他には当たり過ぎて通常回転を稼げなかった場合とか、逆に当たりが悪くてやたら回せた場合なんかもかなり誤差が出ます。

大事な事なんてもう少ししつこく書きますけど、期待収支は当たりや展開が並だったと仮定した平均値で算出しないと無意味です。なにも1円単位で細かく算出する必要もありませんしそれは不可能ですからザックリでいいんですけど、とにかく並々の平均的な展開を想定した数値である必要があるわけです。

そして、残り時間と現在の状況を考慮に入れた期待収支を算出する能力がパチンコの上手下手と言い換えても差し支えないほどです。さらに応用編として、1日の途中でも逐一途中計算する事も必要となります。


ちょっといい事書いたところで(笑)やっと今日の本題に移ります。この期待収支の算出ができるようになると、ついつい20000円の台なら20000円儲かる、30000円の台なら30000円儲かるという風に考えてしまいがちです。確かに長い目で見ればそうなんですけど、その「長い目」って普通の人が想像するよりも相当長~~~~いですからね(笑)。例えば「今月は1ヶ月で期待収支よりも100000円も儲けが少なかった!」なんて思ったりしがちですけど、そのような認識は残念ですけど甘いです。

良くも悪くも思う通りにはいきません。当たる時はどんどん当たるし、当たらない時はひたすら当たらない。それがパチンコというものの現実です。そして当然、当たりまくったからと言ってその後帳尻合わせで当たりが悪くなる事はありませんし、逆にドン底のハマリを経験したからといってその分を補填する幸運が約束されるワケでもありません。あくまで終わったパチンコの結果は確定、次以降には全く関係ないワケです。

誤解を恐れずに書いてしまうと、パチンコは運によって収支が決定します。それを前提に考えるのが本当の意味で実践的と言えます。そして期待収支というものはその運による収支にゲタをはかせるものであると考えるべきだと思います。もうちょっと感覚的な捉え方をするならば、良い調整で期待収支の高い台を打つ事によって運が悪い時をしのいでいればそのうち勝手に噴くからそれを待つ・・・って感じですね。

ただし、パチンコに絶対はないという事だけは常に念頭に置くべきです。ここ1ヶ月ずっと不運だとしても、明日からもさらに1ヶ月、2ヶ月・・・ヘタすれば1年2年と不運が続く可能性だってあるわけです。ただし現在主流のパチンコ機のスペックの場合、よっぽどの悪運に見舞われ続けない限りパチ生活者が暮らしていけるだけの収入を得ることが可能であるという事も事実です。(堂々巡りですけど、そのよっぽどの悪運というものを100%避ける方法は残念ながら存在しません)



最近のパチ:

1/28:
ハネデジのイベントがけっこうスゴい40玉店でアグネス・ラムを11.5時間打ちました。すごい回りましたねぇ。最初の当たりが230回転でしたけど、使ったカネが7000円というのが素晴らしいです(以降ちょっと落ちましたけど)。

1/29:
6枚交換のスロ店に朝から行って、熊酒場を10時間打ちました。まあまあ儲かりました。設定は7か5、あるいは3、そして1の可能性もなくはないです(笑)。まあ、儲けたんで設定いくつだろうとどうでもいいです。

2日間で60000円儲かりました。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事

| コラム | 23:08 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。