正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

| PAGE-SELECT | NEXT

パチプロけもの道 (田山幸憲)

パチプロけもの道は、有名なパチプロで作家の故・田山幸憲氏の処女作の「パチプロ告白記」とその続編の「続・パチプロ告白記」から抜粋・加筆修正して一冊にまとめられた本です。

ちなみに「告白記」「続・告白記」は絶版となっていて今では読むことができませんから、その内容に触れる事ができる本書はファンにとっては嬉しい一冊ですね。

「告白記」「続・告白記」の内容の中には、釘解説や技術論などもあったようですが、本書がまとめられた時点で時代が経過し古臭くなってしまったようなものも多くなっていたとの事で、そういった部分はカットされて田山氏の若い頃の思い出話や、パチンコ店で出会ってきた人々の話題が中心になっています。

田山氏は手打ち時代からCRデジパチ時代までを現役で通したパチプロですから、登場するエピソードや人物たちも非常にバラエティに富んでおり読み応えじゅうぶんの一冊になっています。少し抜粋してみます。

一見して御しやすそうに見えるチンパの道だが、いざその中に入ってみれば、テクニック上の問題だけでなく、いろいろと厄介な事情が絡みあって、思ったよりもはるかに厳しい。まあとにかく、パチンコ点で四六時中トグロを巻いているヤカラの風ぼうをよく見てくれたまえ、中には(私のような)例外もいるが、まず煮ても焼いても食えそうにない連中ばかりだろう。

あんな恐ろしげな兄さん方と、毎日”折り合い”をつけながらやって行かなければならない、というこの事実だけをとっても、この世界の流れにサオさすむずかしさを、ある程度までは理解していただけるものと思う。

今でこそ危ないオッサンみたいなのは少なくなりましたが、田山氏の時代はさぞかしハードだった事でしょう。逆に今は人相風体ではヤバイ人が区別しづらくなったという逆転現象が起こっているような気がします。

そういった面では少し難しくなったのかもしれませんが、それでもいきなり「オイコラ!」とやられる事はほとんどありませんから、日頃気をつけていればあんまり恐いトラブルに巻き込まれる心配はありませんね。今はやられるとしたらもっと陰湿です(笑)。

池袋の本屋に行き、「パチンコ入門」という本を手に入れた。今自分が最も知りたいクギの説明もかなりたくさん出ている。私は喜々として家へ戻り、戻るや否や机に向かい、細大もらさず丁寧に読んだ ~中略~ 

私は予定通り本に鑑みて、理想的なクギを探した。だが、クギを見ることに慣れていないため、一つの台を見るのに時間がかかりすぎる。その間、時おり、パチプロとハチ合わせになって、「じゃまだ、じゃまだ」と後ろへどかされた。 ~中略~

結局、私は十台ばかりのクギを調べて、その中から最も理想に近い台を選んだ。 ~中略~ 私は出るであろうことを期待しながら打ち始めた。百円、二百円、三百円・・・。たまにアタマとオトシに入って、玉がパラパラと出て来るが、その後が続かない。 ~中略~ 私はいやになってきた。

この後田山氏は、最後の百円で別の台に移り、いわば適当に選んだ台で偶然に「右サイドダブリ打ち」が有効な事を発見して逆転勝利を収めます。この頃の田山氏はまたパチプロになる前だったのですが、この事がひとつのきっかけになったようです。

それにしても本当に読ませる文章を書きます。手打ちパチンコの経験など全くない私でも、臨場感が伝わってきます。頭の中には当時のパチンコ店やパチンコ台、強面のパチプロの映像が浮かんできます。この本には、田山氏の若いころの話が盛りだくさんですから、こういった臨場感ある回想録もふんだんなんです。

「ぶっこみのテツ」は、その名のとおり、誰もが認めるぶっこみの達人である。 ~中略~

「ヒューストン号」と呼ばれた機械だったと思う。ぶっこみさえあけば必ず出るという”非常識”なパチンコ機がブクロの街にお目見えしたことがあった。それまであまりぶっこみにこだわらなかったわれわれは、はじめのうちこの機械にさんざん手を焼いたものである。 ~中略~

「ヒューストン号」はまさにヤツのためにあったようなものだった。この機械が入っていたのは半年ほどの期間だったが、初めの一ヶ月というもの「五千個一番乗り」は連日のごとくヤツの手によってなされていたのである。 ~中略~

ことぶっこみ打ちにかけてはこの男の右に出る者をオレは知らない。われわれ、いわゆる並のパチプロが五発打って一発通すところを、ヤツは二発に一発の割合でビシビシとぶっこみを抜いていく。

こういう凄腕のエピソードはもちろんの事ですが、自分で勝手に”不敗”を名乗っていた「不敗のノッポ」、方々めまぐるしく台移動してトータルで勝負する「マルチ小僧」、カギ使いゴト師の「ヤマアラシ」など、個性的な面々のエピソードを「パチプロアラカルト」と称して読ませてくれます。

今のパチンコとはシステムからして違います。だからこそこういった面白い話も色々あるのでしょうが、それ以上に田山氏の人間観察と文章力あればこその読み応えです。非常に面白い世界だとは思いますが、自分に置き換えると、こんな人達に囲まれてのパチンコ生活なんてたまんないでしょうね。ハッキリ言って冗談じゃないです(笑)

「必勝ガイド」に連載されていた「パチプロ日記」が有名な田山氏ですが、私の知らない時代のパチンコやパチプロの話や、田山氏のパチンコとの出会いなどが書かれたこの本は「パチプロ日記」とはずいぶん毛色が違っていて、とてもおもしろく読める一冊になっています。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 正しいパチンコ本 | 00:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

パチプロ3本の矢 2002~2004ベスト

パチプロ3本の矢 2002~2004ベストは「パチンコ必勝ガイド」に連載されていたパチプロによるパチンコ日記のコーナー、安田一彦氏の「つぶれてたまるか!」、小池さん氏の「今この台が俺の旬!」、モデル・オノ氏の「白鯨日記」の中から選ばれた記事を一冊にまとめて単行本化したものです。

(小池さん氏という呼び方もヘンですが、小池さんは”さん”まで含めてペンネームなので仕方ないですね。アグネス・チャンちゃんと同じようなものです。)

そしてそのコーナーは、田山幸憲氏の「パチプロ日記」が連載されていたページです。田山氏の連載の後釜という格好で始まったコーナーなのです。

三氏は、田山チルドレンとも言えるような誌上プロの面々ですが、連載が開始されるにあたって三者ともに非常に悩んだそうです。田山氏、「パチプロ日記」の存在が大きすぎてそのページを担当する事のプレッシャーは非常に大きなものだったようです。

随分悩んだ。なにせ場所が場所だ。ここは言うまでもなく、田山さんが連載していたページ。俺が偉そうにパチンコ論をぶったら、田山さんと比較されるし、反感を持つ人もいるに違いない。~中略~小池さんが、田山さんから生前「俺が引退したら、お前が引き継いで日記を書け」と言われていた話を俺は知っている。もちろん、田山さんの直系と言えば、代打ち日記を書いていたモデル・オノさんもいる。その二人を差し置いて、「古株だから」という理由だけで、俺なんかがこの場所に座っていいのだろうか。
(安田氏)

俺と小野さん(モデル・オノ)は、白夜書房のお偉いさんに呼び出しを受けた。田山幸憲・パチプロ日記の「跡継ぎ」について話がしたとのこと。編集部の意向としては、また俺としても、小野さんが跡を継ぐことに異論なし。~中略~酒の席で互いの本音を今一度、確認するに至った。跡継ぎなる大役はあまりにも恐れ多くて尻込みしていたわけでもある。そうはいっても誰かがやらねばならぬこと。ならば、答えは一つ。~中略~感傷的な話をすれば、自分はもともと田山さんの日記が読みたくてガイドを買っていた。だからこそ、その看板を残してほしい気持ちはあった。
(小池さん氏)


内容については、小池さん、モデル・オノ両氏についてはパチンコの実践内容が中心で、実に臨場感溢れるものとなっています。安田氏は少し毛色が違って、実践記の前にコラムが入っており、その行数が全記事の中でけっこうな割合を占めています。私はこの安田氏のコラム部分を非常に気に入り、何度も読み返しています。

安田氏のコラム部分から少し引用してみます。

愚痴を並べながら、本気でパチンコを辞めようと思ったことはない。ダラダラと食いついて凌ぎ、僥倖も悲劇も甘んじて受け入れ続ける。何となく入ったパチンコの道だけど、今はこの道を全うしたいと思っている。冷静に損得を考えれば、バカな生き方かもしれないけど、損だからいけないということもないはずだ。

今更別のことは出来んだろうし、このままやっていくしかねえだろう、とね。他人には勧めない。が、なってしまったものは仕方ないわけで、普通の生き方が出来ないのなら、自分の置かれた状況で生きるだけだ。

有名誌上プロでこうして本を出し、DVDも出し、テレビにも出て、言わばパチンコファンに認められているわけですから、単なる無職で遊んで暮らしている私が共感をおぼえるのは身勝手なのですが、とても心に染みる一文です。いや、私のデタラメを正当化してくれている気になっているだけですかね。

安田氏はご存知の方はご存知のように、かなりの長いこと誌上プロとして活躍している方です。私が思うに、「自分の力でパチンコで儲けている」なんていう言葉は、このくらいのレベルに達した人以外は軽々しく口走っちゃいけないんです。

最近はパチンコ雑誌を読むことがなくなったので、安田氏の動向はよく知りませんが、この本の日記の頃あたりからの安田氏は、パチンコで稼いでいる金額が多い誌上プロではありませんでした。しかし、間違いなく「本当にうまい人」だと思います。パチンコを大きくも細かくも自分の目でとらえる事ができる人だと思います。

私は安田氏の文章全てに共感できるとは言いませんが、正しいパチンコとの付き合い方を模索するにあたって非常に参考になる考えを持ち、それを文章にアウトプットできる人だと思います。

そういう事がこの本や安田一彦のパチンコ黙示録を読むとよくわかります。一時の時流に乗って大きく稼いで、オレサマはうまい、稼いでいる!と吹いているような輩とは根本的に違います。

さて、この本の日記はタイトルからわかるように、2002年~2004年が舞台となっています。この時期の代表的なパチンコ機種を列挙しておきます。(もちろん多くの機種が日記にも登場しています。)打ち込んだことのある機種がこの中にあるという人は、より楽しく読めるんじゃないでそうか。

▼2002年
CR必殺仕事人Z3/CRフィーバー大ヤマトFX/キングホー助V/バンバンジャンプ21/ワニざんす/CR天才バカボンV/CRモンスターマンション2/CRダイナマイ娘/たこ焼き八ちゃん/プッチモンEX/CRピンクレディーX

▼2003年
CR新海物語M27/CR必殺仕事人激闘編MR/CRフィーバーフレンズMX/CR忍者ハットリくんHN/CR笑点XJ/デビルマン倶楽部/CR天才バカボン2XE/CR新海物語M56/CRフィーバー花月FX/CRブラボーファイブFJ/マジカルカーペットDX

▼2004年
CRフィーバー大ヤマト2ZF/CR新世紀エヴァンゲリオンSF/CR花満開極GS/CRGO!GO!郷MB/CRエキサイトラッシュ/ぱちんこ仮面ライダー羽根モノ/CRおそ松くんFN66B/CR仮面ライダーVR/CR新海物語スペシャルM8/CRアレパチアポロ1号/レレレにおまかせ!EX

→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 正しいパチンコ本 | 01:53 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT