正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

| PAGE-SELECT | NEXT

ビーバーX (山佐)

ビーバーX (山佐)

設定 / BIG / REG / PAYOUT
1 / 1/328 / 1/655 / 90.7%
2 / 1/303 / 1/607 / 94.6%
3 / 1/282 / 1/565 / 98.4%
4 / 1/264 / 1/529 / 102.2%
5 / 1/248 / 1/496 / 106.0%
6 / 1/241 / 1/364 / 110.2%
多分2000年あたりの機種だったと思います。当時僕は第一期のパチンコ生活者時代でした。パチスロも打たない事もなかったんですけど、儲けを計算して遊んでいたわけではありません。というのも、当時の住まいがパチスロ裏モノ天国のY市内だったという部分がありまして、思いっきり裏モノスロットの鉄火場気分を楽しんでいました。近所にあった印象的な裏モノスロットは、スペーススペクター、ボルキャニック、ワークスカーニバルなどですけど、このビーバーXはその少し後に登場したと記憶しています。

本来のゲーム性は、高ビッグ確率にして「スーパーイージーマックス」機能による大量出玉が獲得でき、さらに0枚役が揃うとボーナスチャンスのランプ告知という初心者向けのやや荒めのスロットというものでした。ただ、僕の近所にあったビーバーは思いっきり裏モノでしたから、当たると3000枚出てしまう(…ことがけっこうある)というものでした。ヒリヒリしましたねぇ、相当に。BIGが連荘した時はメマイがしたもんです。ちなみに、当時はネットの普及がようやく始まったばかりという時期でしたから、めざとく詳しい情報を得ていれば少しはトクしたかもしれませんね。おそらく貯金方式だったのではないかと推測されますけど、システムについてはいまだにわかりません。というか、裏モノスロットに関しては中身にしても全国共通のものではなかったでしょう。

※裏モノとメーカーは一切関係ありません。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 懐かしいパチスロ図鑑 | 01:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

アポロン (北電子)

アポロン (北電子)

ボーナス確率:
設定/Big/Reg
1 / 1/315 / 1/381
2 / 1/282 / 1/348
3 / 1/256 / 1/287
4 / 1/237 / 1/248
5 / 1/227 / 1/190
6 / 1/224 / 1/178
5連荘バージョンで一気に人気機種になり、その後ノーマル版も設置を増やしたなんていう歴史を持つアポロンです(メーカーと裏モノは一切関係ありません)。懐かしい機種を記事にするのもいいけど、3号機ともなると若い人には引かれるかもしれませんね。それにしても3号機にしてこの洗練されたデザインといったら。リールの視認性や筐体の操作性も良好で、ハード面は3号機の中でも群を抜いていたような印象があります。肝心の中身の方も、ご覧の通りの高ボーナス確率ですからノーマルでもバシバシ”連荘”したような印象が強いです。リーチ目はボーナス図柄の一直線(左リールはボーナス図柄の替わりにチェリーでも)が基本のシンプルなものでした。それからBigが揃った時の軽快なファンファーレもなかなか素晴らしかったです。

さて、僕がなぜこの機種に思い入れがあるかと言うと、簡単に言うと「これしかなかった」という点に尽きます。僕の当時住んでいた地域ではという話ですけど、今のようにパチスロの設置店も設置台数も多くありませんでしたから打てる機種が非常に限られていたわけです。行ける範囲の店にアポロン以外全くなかったというわけではありませんでしたけどね。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 懐かしいパチスロ図鑑 | 03:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT