正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

| PAGE-SELECT | NEXT

パチ生活者がツブれるまでpt.105

4月中の本文内の日付が全部3月になってる事に気づきましたけど、直しても一銭にもならないのでなかった事にしました。

最近のパチ具合:

5/25:
苦しい日でした。ステルス→地中海(ハネデジ)→仕事人竜とバラまき結局腰落ち着かず(1回も当たらず)、決して喜んで打つほどでもないアグネス・ラムに着地しましたけど、万発引き負けでけっこう大変な負け。完全に負け確定な日って、逆に気がラクな部分があったりもしますけど。

5/26:
もっとレレレにおまかせをやりました。いい台でしたねぇ。会心の勝ち。

5/27:
締まってもまだイケると踏んで前日と同じ店へ行ったらコテンパンに締まってました。急いで移動したけど芳しくなく、スロットに活路。エヴァンゲリオン魂の奇跡を最後まで打ちました。非常にいい具合で、設定6と考えるのが自然な挙動でした。6っぽい台打って儲かったという事でウマい!?…いやいや、かな~りたまたまです。見方によっちゃあ単なるスロット好きのオッサンの行動と大差なかったなー。


特にまとまった話でもないけど、ちょっと思った事など色々とという感じのお話。

スロットの事
ここ最近ちょいちょい打ってます。パチンコよりは面白いけど肩が痛くなるのでツラいです。もしいい台に安定的に座れる条件が揃っても、体力的に厳しいと思います。マックスベットとレバーを1個にまとめて欲しいものです。子役とりこぼしがないタイプの場合はもう、マックスベットから第3ストップボタンまで全部ワンタッチにまとめて欲しいくらいです。ってか、千円札入れたら設定に応じたメダルがサンドから出てくるでもいいくらいです。

スロットの事その2
自分の技術や環境を考えると、やっぱりスロットはメインにはなり得ないなあと思います。期待収支50000円の設定6を取れたとしても、その確率が10%しかなければ5000円と同じなわけで。もし僕が全力でスロットに取り組んだとしても、失敗を繰り返して時々成功、気づいたらほとんど内容つけられないまま日にちだけがどんどん過ぎ去って行くという感じになりそうです。

パチンコのリスクの事
こないだパチンコ生活者以外の人はハネデジだけやってるのがいいと書きましたけど、正直なところハネデジどころか一切やらないのがいいと思っています。バイト代わりにやるにしてもリスキー過ぎて成立しないと思います。結果が出るまで打ち切るというのがパチンコで儲ける唯一の方法なんですけど、近年のパチンコ機で結果を出すにはひとりの人間が使える時間だけではじゅうぶんに足りてるとは言いがたいです。

パチンコの釘の事
パチンコ生活者は鷹のような鋭い眼光で釘を読み切って…なんて事はないです。僕の場合はですけど、慣れてる店・慣れてる機種以外では極端に言えば論外台を除外する程度のところから始まるといった感じです。それから、ステージ具合の把握と過去打った台の据え置き狙い(ちょっと締まったけどまだ足りてると判断…というのも含む)が基本となりますから、泥臭く意地汚くという感じが実際の所です。怒られそうですけど、雑誌とかの釘写真に矢印がインポーズされているようなアレ、ほとんど無意味だと思ってます。異論は認めます。

パチンコ中の事
とにかくヒマつぶしに難儀します。ご飯のメニューの検討など色々な過ごし方がありますけど、この季節は野球のナイター中継がありそれを携帯に見れるんだから良い時代です。18時以降はそれで楽しめますから1日が短く感じて大変結構な事です。それによって止め打ちがおそろかになる?別に携帯見ながらでもまるっきり玉を見てないワケでもありませんし、多少損するのは確かでしょうが微々たる金額です。精神の安定の方が重要です。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| パチ生活者がツブれるまで | 01:48 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.104

最近のパチ具合:

5/18:
ごく普通に海物語。それといった不幸に見舞われる事なく。

5/19:
アブレかけて、アグネス・ラムに活路。久々に打ったけど良くできた機種です。

5/20:
前日と同じくアグネス・ラム。芳しくない台でした。やらないよりマシ。

5/21:
どうも金曜日にアブれかけるというのが定番になりそうな気配。パチスロに活路を求め、ニューパルサー3を打ちました。初代完全再現という方向性は考えなかったんでしょうか。

なんだかんだで今週は全部勝ちだったので心穏やかです。無理な望みですけど、できる事なら今後一生1回たりとも負けたくないです。パチで負けるほどイヤな事はなく、それを今後も3~4日に1度は味わわないといけないと思うとウンザリです。


そんな話はさておき、この過疎不人気ブログにして微妙な反響があった感じの前回と少し似たテーマの話です。(前回を要約すると、「いくら長い目で見てと言っても、あんまり安い台で粘ってるとちょっと運が悪いだけで結果が出る前に大変な損失を被る危険がありますよ」という事です。)

神様の定めたもうた人それぞれの運の良し悪しは非情なまでに不平等です。パチで儲けようと同じ行動をとった人が複数人いたとして、その中にはまるっきりツカずに撤退を余儀なくされる人もいれば、ツキに恵まれてピンチらしいピンチとは無縁のまま過ごしていける人もいるんじゃないかと思います。そしてホンのちょっとのツキの現れ方の違いによってその差は思ったより大きくなります。ツク、ツカないの順序なんていうのもその現れ方の典型的なもので、先に大きな不ヅキが来てアウトなんて人もたくさんいたんじゃないでしょうか。

逆に言うと、今現在儲けるパチがどうにかなってる人の多くは、巨大不ヅキをスタート時に食らわなかったという「幸運」に支えられたと言えるかもしれません。少なくとも僕はそうです。少し具体的に振り返ると、会社を離れて無職になった直後半年くらいは割と安定して儲かっていました。打っていた台のレベルが今よりもかなり高かった事もありますけど、基本的にとてつもない不ヅキ自体が皆無だったように思い出されます。その時は正直、この分ならそう簡単にツブれまいと思ってました。

しかしその後、丁度失業保険の給付が切れたとほとんど同じタイミングで(笑)すごいのがきちゃいました。半年に渡って徹底的な不ヅキが続きました。この半年の間収入が30万円ほどしかなかったんです。当たり個数(出玉)で計算した引き負け額は120万円ほどだったと思います(実質的な引き負け額は持ち玉比率や早ヤメによる分も加算されます)。ただ、最初の半年とその後の半年の順序という事を考えると実に運が良かったとも取れるわけです。逆の順序だったら今頃…。(貧しいながらも世間様に胸を張って生きれていたかもと考えると良かったんだか悪かったんだかわかりませんけど、まあその話はまた別の問題。)


少し話は変わりますけど、パチで儲けようなんていうのはそんなにまで危うい事ですから、期待収支云々の他になるべくリスクを管理した上でやるという事が近年特に重要になっているように思います。同じ期待収支なら穏やかな機種の方がいいというのは当たり前ですけど、個人的には「穏やかさの具合によっちゃあ、けっこう安くてもいい」とすら考えます。例えば、30000円の慶次と25000円のハネデジ地中海があったら、僕だったら後者を打ちます。「それは甘い」と言われるかもしれませんけど、慶次の方を選ぶほどには貯えがありませんから。

もっとザックリ乱暴に言うと、こんな感じです。
・普通のハネデジなら1ヶ月無収入の刑に処される心配はかなり少ない
・1/300~1/350くらいの普通のデジパチだと、1ヶ月を超えて無収入の刑に処される危険性がちょっぴりある。
・マックスの機種の場合は何がどうなっても不思議はない。
(マックスの機種はハッキリ言って潜伏拾い以外打った事もないですから、推測ですけど。)

最悪の事態にハマる危険をなるべく少なくしつつある程度の収入を確保、というバランスのとりようというものを考えるのが実践的だと思います。高い期待収支を徹底的に優先するのはカッコいいですけど、別にカッコ悪くても生き残る可能性を高めるのが優先、と考えています。パチってそのくらい危ないものだと思いますから、一般パチ遊戯者の人はハッキリ言ってハネデジ以外打たないのがいいんじゃないかとすら思います。遊びとしてのリスクの落としどころとして普通のデジパチはハード過ぎます。

カクリツのシューソクがどうのこうのいいますけど、いい具合のところに落ち着いてきたんじゃないかなと実感できたのは僕の場合4000時間くらい打ってからです。そもそもそのシューソクどうのこうのっていうのは、200万円儲かる予定が100万円しか儲からず差し引き100万円損したら超大損で大変だけど、3000万円儲かる予定が2900万円で差し引き100万円の損なら大した事はないって事ですから。それでもどっちにしても100万円は大金だと思いますけどね。どうとらえて対策する(しない)かは自分の自由です。


※送信前に読み返してみて、史上空前にまとまりがない事に気づきました。知ったこっちゃありません。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| パチ生活者がツブれるまで | 03:24 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT