正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

| PAGE-SELECT | NEXT

懐かしい話007

懐かしい話001 002 003 004 005 006

大学生の頃、ちょっとした止め打ちやらなんやに凝っていたという話を前回書きましたが、今回はその頃に打っていたちょっと印象に残っている機種の話です。

メジャー機種に関しては今さら改めて書くようなこともありませんので、少しマイナー気味の機種に絞って思い出してみました。


湘南物語(ニューギン・ハネモノ)

けっこうヤクモノのクセが出る機種で、出る台(席)が決まっているような感じでした。今でも番号を覚えていて、当時よく行っていたお店の37番台と50番台はいつもよく当たった記憶があります。

スイカの中に玉をたっぷり停留して、一気に解除してVゾーン入賞(継続)を目指すというハネモノらしいハネモノでした。しかし停留解除がドバーと一気にいってしまうものですから、勢い余ってパンクということもありました。そのスリルもゲーム性の一部なんですけどね。ちなみに「50番台」の方はけっこうなパンク台でした。

今はYoutubeに動画を上げてくれている人がいるので、古いマイナー機でもこうして紹介する作業も楽しいです。(私だけが)

「湘南物語」 ニューギン レトロパチンコ


アドバンテージSS(銀座・デジパチ)

これはマイナー機すぎて、ネットを漁ってみても動画はおろか画像すら見つかりませんでした。カラー液晶のデジパチではなく、単色でほぼ数字のみの画面だったと記憶しています。

スペックがまた異端で、記憶がほとんど薄いのですが、非常に高い初当たり確率(1/50とか1/60くらいだったと思います。)で、入りにくく抜けにくい時短(確変?)機能を持っていました。多分、10%突入、90%継続みたいな感じで、ファンキードクタータイプですね。

当然当たり1個の出玉は少なく、下皿で事足りる程度だったんですが、この機種を設置していたお店のドル箱は4000個の箱で、そのミスマッチも印象深いです。初当たり確率が非常に高いこんなデジパチですら、初当たりすらけっこう荒れることを実感した機種でもあります。


エキサイトバイキング(ニューギン・1回権利モノ)

記憶が曖昧ですが、1/143の初当たり確率の1回権利モノだったと思います。この機種の特色は、当時のニューギンが新開発した高速スピンのドラムで、毎回転、急発進という感じでギューンを回るドラムの動きはなかなか気持ちのいいものでした。

ノーマルリーチの信頼度が完全に0%でしたが、スーパー突入タイミングは決まっており、その瞬間を味わう機種でした。スーパーリーチは当たりの少し手前からスローになるというシンプルなもので、スーパー発展から結果が出るまでは非常にスピーディーでした。

スーパー突入を待ちに待って、ようやくかかったスーパーリーチはあっという間に結果が出ます。このわずかな時間が非常にスリリングなんです。非常によくできた、当時のニューギンのセンスの良さが出ている機種でした。

エキサイトバイキング(ニューギン) [1回 権利物]


元祖ワニ道楽2(ニューギン・ハネモノ)

オーソドックスなハネモノで、面白く遊べました。学校のそばのお店に長いこと設置してあり、よく打っていました。ハネモノとしてはいかにも普通なんですが、セル板に書かれた群衆の中からキャラクターの「ワーリー・ドーリー」を探そう!という変な仕掛けがありました。当時なぜ流行っていたのかいまだにわからない「ウォーリーを探せ」のパロディですね。「ドーリー」っていったいなんなんでしょう。

元祖ワニ道楽2(ニューギン) [羽根物 15R]


こうして見てみると、ニューギンばっかりですね。当時のニューギンは、なかなかハイセンスで良作パチンコ機をたくさん出していました。フルーツマシーン2Aのベルトリールアクションや、これぞ力作という感じのレディースオープンのヤクモノなど、今思い出しても素晴らしかったなと思います。

ここで取り上げた機種は、特に人気があったということもありませんが、ずいぶん長いことお店に設置してありました。

今のように、次から次へと機種の入れ替えがあったわけではありませんでしたから、マイナー機やそれほど人気のない機種でも、一度設置されると台の不具合が発見されでもしないかぎり、長いこと置いてあったんです。

ですから、ある人にとっては非常に馴染みが深い機種でも、全国的には全くのマイナー機というケースも多かったのではと思います。

今回は取り上げなかった機種ですが、変則的デジパチの「ポップコーンII」、2回権利モノの「ブロンディ」、ハネモノの「黄門さん」(←ちゃまではありません)などといった機種は私にとっては馴染み深いのですが、あまり知られていないと思います。

(つづくかも)
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 懐かしい話 | 02:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

懐かしい話006

懐かしい話001 002 003 004 005

ヒマな大学生の有り余る時間を活かして、フィーバービューティフルIIというデジパチを打って、パチンコで儲けることに夢中になっていました。

当たり確率1/205、意図的な連チャン機能のないノーマルタイプですから安定していることは確かですが、1000回ハマることだってあってもおかしくありません。でも、そういう不遇の展開に見舞われることもなく、運に後押しされて、自分の力で勝てるようになったと勘違いしていましたね。

とにかくパチンコで儲けることばっかり考えていましたので、”攻略法”の真似事にもけっこう手を出してしました。とは言っても、我々一般人の耳に入ってくるような情報は雑誌に載っている程度のことですから、大物ネタみたいなヤツではないです。


ノーマルデジパチがちょっと普及した後に出てきたのが、今では当たり前になっている時短機能を搭載したデジパチです。

記憶が正しければ、ニューギンのエキサイトレディという液晶機が史上初の時短機能搭載デジパチだったはずです。少し遅れて同じくニューギンのセブンショックというベルト式デジパチも登場し、この2機種は全ての大当たり後に50回転の時短が付くというスペックでした。

この2機種の電チュー性能は、小デジの当たり確率が1/3、当たると1.2秒だか1.5秒ほど電チューが開くというものでした。時短中は小デジが即止まりとなるため頻繁に電チューが開くのですが、通常時は小デジの回転時間が30秒でした。(ということは、通常時は平均して1分30秒に1度のペースで電チューが開きます。)

そして通常時でもちゃんと1.2秒だか1.5秒開くというところがポイントで、30秒を時計で測って、その間だけ打ち出すという打ち方をやってました。戻しが7個でしたから、丁寧に打てば千円分の球で60~70回転くらい回せたと思います。

ただ、今思えばこの程度の回転率では、時間あたりに回せる回数が極端に落ちますから、そんなに喜んで打つほどではありませんね。


全く同じ手順でよく打っていたのが、西陣の花百景という確変デジパチです。

こちらは初当たり後、あと1回当たるまでの間、小デジ確率が大幅アップ(多分9/10くらい)して玉持ちがよくなるという機能を持った機種でした。しかし小デジ変動時間が短縮されるのは50回転の間だけで、51回転目以降は小デジ確率が上がってはいるものの、普通に打つ限りほとんど通常と変わらないというものでした。

ですから、小デジ確変状態で捨ててある台が珍しくもなく落ちていたんです。その状態の台に先ほどと同じ手順の30秒打法をやると、千円分の玉で100回転ほど回りました。確変を拾うという手間がある分、エキサイトレディ、セブンショックよりはずっと効率が良かったんです。しかもその確変状態が、盤面の桜ランプの点滅で簡単に判別できるというオマケつきです。

確変状態の台を探して、花百景設置店の4店舗をの間を、原チャリで行ったり来たりしては打ってました。


ハネモノでは平和のピカ吾郎という機種に止め打ちが効きました。それもかなり強力な効果で、ハネに拾われた玉がほとんどVに入るというレベルのものでした。

久々に絵を描きましたが、これまたヒドい絵です。お恥ずかしい。

pikagorou.jpg

雷様の太鼓を模した回転体のワッカのうち、切り欠きがあるところに玉が入るとそのままVゾーンへ落ち、丸いところへ入ると外れへ持って行かれてしまうというヤクモノになっていました。

そして玉が通るところは、左右についている常に上下している橋です。この橋が上がっている状態で玉を通し、その玉が切り欠きに入ると当たりという仕組みでした。

いかにも狙えそうですが、回転体はともかく、橋のタイミングが難しい・・・と思いきや、ある決まったタイミングで打ち出すと回転体と橋の両方をほぼ確実にクリアできてしまったんです。

超強力な止め打ちだったこと、雑誌に載ったことで、お店としても困ったと思います。当時は止め打ちを禁止するというお店は少なく、釘をガチガチに絞めるという対応でした。ほとんどナカず、ほとんど拾わず、という状態です。それでも出るんです。結局、当時としては異例の短期間でお店から姿を消しました。


ハネモノでは大一のザ・名古屋の止め打ちもよくやりました。開閉するシャチホコと、Vゾーン手前の左右に動く橋をクリアすると当たりというヤクモノでしたが、こちらの止め打ちはシャチホコだけを狙うものでしたから、効果はそこまで強力ではありませんでした。

しかし裏を返せば、お店の方もごく普通の、場合によっては普通に打っても打ち止めできるくらいの調整でしたから、けっこう長い間、手堅く儲けたという記憶があります。


また、もっと正攻法に近いものとしては、奥村のハネモノ、ビックリハウスのモーニングに並ぶというのもありました。たいした仕組みじゃないので詳細は割愛しますが、朝一の最初の拾いの一発だけ、Vに入りやすいという仕組みだったんです。そして当たった後は朝一状態と同じなので、連チャンが期待できると。

ただ、こちらはせっかくモーニングを取って当たっても、11時まで途中交換しちゃダメというルールだったので、一気に打ち止めまでイケた場合以外は、結局のまれて負けていたような・・・。


とにかく、そんなこんなで、朝から夕方まではパチンコ、夕方から学校へ行ってクラブ活動をして、時々夜勤のバイトもやっていましたから、いったいいつ寝ていたんだろうと思います。今だったら一週間で体を壊すと思いますが、若いって素晴らしい。

その素晴らしい若さを無駄にしてしまった結果、今があります。後悔先に立たずとはこのことです。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 懐かしい話 | 00:53 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT