正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

最近思ったこと

ご存知の通り、パチ界は近年にないほどの変化の時をむかえているわけですが、先行きの見えなさも含めてあんまり心地よい具合ではありませんねえ。

私はずっとひとりで打ってますし、比較的交換率の低いお店で遊ぶことが多いですから、必然的にハネデジばっかり打ってたわけですが、ここへ来てハネデジをまともに回すお店を探すのが大変になってしまい(まるっきりないってことはありません)、ミドル以上の機種で遊ぶことが多くなってきました。

ひとりでミドル以上ってことは、交換率の高いところで遊ばないと苦しいですからそうなるんですが、機種が荒い、交換率高いということは、勝負自体が荒くなってるわけです。

昔にミドル中心で打ってた時は、回りっぷりがブンブンの台を打てることも多かったですから楽だったんですが、近頃はそういうことでもないんで博打の大波で窒息しないよう必死な毎日となっています。

理想のパチンコと言えば、別にスペックが甘いとか技術介入要素が高いとか、全くそういう特徴のない、むしろ辛めで誰が打っても同じような機種で調整の良い台を探してちんまり遊ぶという感じです。

そういうパチンコもこれまでは割とできる日もあったんですが、最近はそういうわけにはいきませんね。そういった点では面白くないです。

話戻って、交換率が高いところで荒めの機種にどっぷり挑むという感じは、AKB48が出始めのあたり以来です。あの時はたまたま結果の方も非常に荒く出ていて、超大勝ちも多く、連敗地獄もまた多いという日々でした。それを思い出すと恐ろしいやら、逆に楽しいやら。いや、楽しいは強がりですね。

パチンコ界全体の流れは私の考えや行動とは関係ないところでなるようにしかなりませんから、テンションの維持をすることが考えることが今の自分に必要なことだと思います。色んなことをなるべく楽しんで遊んでいこうと思いますよ。

→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


スポンサーサイト

| コラム | 16:40 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

最近思ったこと

このところパチンコがひどく当たらず、パチスロは結構ツイてる感じです。パチスロの方は技術に確かなものがなく、環境を含めた運だけで儲かってると思ってるのである意味どうでもいいって部分もありますから、収支の内訳はパチンコの方が好成績な方が良いです。最近はまったくそうなってないわけで、ネガティブはことばかり考えちゃってます。


パチンコ機にしてもパチスロ機にしても、派手目の演出の機種が多くなっています。ビカビカしたり、上から変な顔が飛び出してくるとかは別にどうでもいいのですが、音がうるさすぎやしませんか。自分の台は音量を小さくすればいいのですが、近所の台がうるさすぎて辟易とするというケースが非常に多くなっています。

私はパチンコ屋さんじゃありませんから多分という話ですが、音量のデフォルト設定ってお店の方でできるようになってますよね。きっと。お願いだから、常識はずれな超大音量をデフォルトにするのだけは勘弁してもらいたいです。隣に人が座っていない時は、隣の台の音量を小さくしたりもするんですが、多くの機種は時間が経つとデフォルト音量に戻ってしまうんですからほとんど意味がありません。

「クイーンズブレイド」という機種は本当にひどいですね。うるさいなんでもんじゃありません。嫌がらせというかアホというか、作ったヤツ出てこいと思います。滾々と説教してやりたいですよ。

まあ、そういう機種は作った人がバカなんだから仕方ないのですが、そういう機種をわざわざ最大音量にして打つという人にも困ったものです。やかましさをよく我慢できるなあと思いますし、へんなオタクアニメみたいな気色の悪いボイスをガンガンに響かせて、恥ずかしくないのかと思います。

「リング」「地獄少女」「ほのくらいナントカ」あたりもひどいですね。ホラー系のパチンコ機は極度の難聴の人じゃないと開発しちゃいけないという取り決めでもあるんでしょうか。

画面演出にしても、ギミックにしても、音にしても、派手なら派手なほど喜ぶ人が多いんでしょうか。というか、作ってる人はそう思ってるということでしょうね。まあ、パチンコを打つ人間なんてそんなものだろうとバカにしてるんでしょう。


どんなに面白くないパチンコ機でも、それなりに楽しむことができる私ですが、そんな私でもちょっと無理な機種があったりします。

たとえば「花の慶次」のシリーズは昔から一度も楽しいと思ったことがありません。どうして人気があるのか全くわかりません。演出の傾向をつかもうと努力したこともありますが、わかろうとするだけ無駄だと悟って以来どうでもよくなりました。「涼宮ハルヒ」はおそらくパチンコをやったことがない人が作ったようなので、数字が揃ったら当たり以外のことを考えても無駄です。

ここで例にあげた機種の他にも、いったい何をどう考えたらそうなるのかというような機種が多すぎですね。色んな演出を盛り込もうと考えすぎて失敗したのか、全く考えてないからひどいデキなのかは知りませんが。

打っていて思わず唸ってしまうような素晴らしいパチンコ機を作れというのも難しい話ですが、せめて身銭を切って打つ人の気持ちを考えてほしいですね。というか、世に出す前に実際に自分でカネ使って打ってみろよと言いたくなります。


批判的でネガティブなことばかりで記事を埋め尽くしてしまうのもなんなので、最後にどうでもいいことで締めたいと思います。

パチンコ店って、ハゲ多いです。お店の人も、打ってる人も。昔から気になっていたのですが、いったいどうしてなんでしょう。ちなみに私はフサフサです。

→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 23:07 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。